全く英語で話せない状態でも問題ないのでしょうか?

いざスカイプで英会話を学ぼう!と思っても、そもそも自分に英語力が無い場合、
果たして会話が成立するのか不安になるかもしれません。

そのような場合ですが、スクールの方も商売ですからそこら辺のフォローもしっかりしています。というのも、大体のスクールには日本語も喋れる講師がいますので、
もしわからない場面になれば日本語であれこれ解説してくれる訳ですね。

英語が聞き取れなくて沈黙が続いていると
「今のはこういうことを聞いたんだよ。」とかフォローしてくれたり、といったように。

 

ただ、せめて中学・高校レベルの英語力はあった方が絶対いいですね。

これは何もリスニングとか英語が聞き取れるとか会話方面の話ではなくて、
あくまで文法とか語彙力とかの話です。

最低限の知識が無ければまず会話になりません。 せめて初めてお会いした英語講師の方に
「Where are you from?(出身はどこですか?)」とか「How are you?(お元気ですか?)」
といった初歩的な挨拶レベルの話は何の気無しにできないと、
そもそも英会話を学ぶ意味が無いと思われます。

 

また、英会話の進め方にも大きく分けて、

1:自由に会話をするフリートーク制
2:教材に沿って進めていくレッスン制

の2種類が存在しますが、初心者の方であれば、
2番の教材に沿って進めていくレッスン制をオススメします。

基礎知識の確認や習得にも繋がりますし、
フリートークはそこで学ばれてからの方が効果が高いです。

 

さて結論ですが、英語が”全く話せない”状態、これが本当に全く何も話せない状態、
それこそアルファベットもわからないという状態を意味するのであれば、
そもそも英会話を学ぼうとする前に、まずは中学時代の教科書でも開いて
昔の記憶を探ってみること
をオススメします。

そこで各単語の意味やアクセントの位置を
まずしっかり口に出して把握するのが第一歩と言えるでしょう。

幸い、最近のインターネットの発達により、
英語の発音を学べる動画もたくさんアップロードされていますし、
学ぶ環境は整っていますのでぜひYoutubeなどで調べてみてはいかがでしょうか?

ちなみに上記の話はあくまで中学レベルの英語力があるかも怪しい場合の話ですので、
さすがにそれぐらいの英語はわかるよ!という方は、
その状態のままスカイプで英会話を学ばれてみることをオススメします。