スカイプ英会話ではなぜ講師がフィリピン人の方が多いのか?またそれは悪いことなのか?

スカイプで英会話を習う場合、色々なサイトを見ていると、
よくフィリピン人の方が講師を勤めているケースが散見されます。

この理由がなぜなのか、
スカイプで英会話を習おうとする方は一度は疑問に思う点なのですが、
答えは簡単なことです。

 

フィリピンの方が講師であるケースが多いのは、単純に安いからですね。

これは日本とフィリピンの物価の違いから来るのですが、
たとえば時給が700円や800円など最低賃金に近い場合でも
フィリピンの生活水準から見れば非常に高い給与となります。

雇う側としても人件費を抑えられることは運営上非常にメリットが多いのです。

 

ただし大事な点がもう1つ存在していて、
それはフィリピンでは小学1年生から英語を習うので
もともと英語に慣れ親しんでいる点ですね。

つまり、安さと一定の質を満たせるから
フィリピンの方が講師を勤めているケースが多い、
という回答になります。

 

フィリピンの方が講師だと、
よく「訛りが気になる・・・」という意見もありますが、
そういう方に深く考えてみて欲しいです。

我々日本人は、どれだけ英語を話せるようになっても、
どうしても日本語がベースなので日本語訛りの英語となってしまいます。

さらに、そもそも英語圏でも住む場所によって訛りは大いに存在しています。

つまり、気にする程度の問題では無いです。

 

社交界など上流貴族の方が集まるような場に出席するのであれば
訛りを気にするのもわからないでもないのですが、
一般的な英会話レベルやビジネス英会話レベルであれば
多少の訛りは全く問題ありません。

それで問題が発生するのであれば、
日本では標準語のイントネーションしか
認められないことになりますよね?

 

あくまで私個人の考え方ではありますが、
訛りを気にするよりも、実際に英会話をスカイプで行う前に
予習や復習をしっかり行う方がずっと効果的だと思います。

単純に単語を覚えたり、英文を読んでみたり、
あるいは英語で日記をつけるなど
自学自習に励む方の方が伸びが早いです。